東京CPA会計学院シンガポール校

東京CPA会計学院シンガポール校

東京CPA会計学院シンガポール校

2016年1月に開校した東京CPA会計学院シンガポール校は、お陰様で多くの受講生に支えられ、海外で活躍するためのビジネスマネジメントスクールとしての歩みを始めました。

東京CPA会計学院シンガポール校は、海外でので子会社管理やプロジェクト管理でキャリアアップを考えている方を中心に、MBA取得のための基礎知識の習得、実践的なマネジメント能力の向上を図りたいといった様々なご要望をお持ちの方も応援いたします。

ビジネス世界では会計情報の分析能力が益々重要なものになっています。世界共通の情報整理ツールである簿記のメカニズムをマスターしていれば財務3表(貸借対照表、損益計算書及びキャッシュ・フロー計算書)を有機的に捉えることができ、的確な判断や指示を出すことができます。高度な経営判断をするポジションにあればこそ、現場がどのような会計処理をしているのか、またすべきかを十分に理解する必要があります。

開校以来、簿記会計のメカニズムをマスターしてキャッシュ・フロー計算や原価管理をしてみたいという多くの声を頂きました。経理業務に直接係っていない方でも海外赴任を機に勉強をされ、それぞれの実務に生かして頂いているようです。そのようなご要望にお応えするため、当初集合クラスで行っていた簿記コース(BASIC COURSE及びADVANCED COURSE)をご自身のペースで進められるプライベートレッスンとし、しっかりと身につけて頂くことにしました。簿記会計の講義を進める中で、会社での会計処理の疑問点や実務での取り扱いなども交えながらお話しさせて頂いています。なお、企業様別の少人数での基礎研修や建設業経理士2級などの業界特有の経理資格取得のための勉強会にも応じておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

実務経験豊富な専門講師を擁する東京CPA会計学院シンガポール校が皆様にご提供する少人数制の学びの場所と時間は、世界で戦う皆様の今後の大きな糧となることでしょう。

東京CPA会計学院のご紹介

東京CPA会計学院は1968年に創設され、以来コンスタントに公認会計士、税理士試験の合格者を送り出し、とりわけ数多くの最年少合格者を輩出してきました。また、経理業務を中心とした本格的な経営幹部候補生を養成する経理専門課程も充実し、成績上位者は多くの有名企業への就職が約束され、就職後もそれぞれの企業で活躍しております。

東京CPA会計学院は開校以来、資格や学歴をただ取得することではなく、自ら考え、働く力を養い、企業や社会に対して貢献できるようにすることを目的とした「実学・活学」教育を行っています。

そして、ひとりひとりが経営者的志向を持ち、組織や社会で中心的役割を果たせるような人財育成に努めています。

https://www.cpa-net.ac.jp/

カリキュラム

東京CPA会計学院シンガポール校では、主として簿記のマスターを中心としたBASIC COURSEとADVANCED COURSE1.2の2コースをご用意しました。

BASIC COURSEとADVANCED COURSEはこれまでの開催状況と受講者の方の反応から個人別講義(プライベート学習)と企業様別の少人数講義(少人数グループ学習)のみを承っております。集合クラスはありません。基礎をしっかりと身につけたい方にお勧めいたします。

各コースの標準的な対象となる方は以下のとおりです。

BASIC COURSE 簿記が初めての方、簿記の勉強をしたことはあるが不安を持たれている方、基礎からしっかりと固めたい方。
ADVANCED COURSE 連結会計や原価管理など、簿記を使った計数管理を実践的にマスターしたい方。

各コースのカリキュラムは以下の通りです。

BASIC COURSE ADVANCED COURSE 1 ADVANCED COURSE 2
(全10時間) (全14時間) (全12時間)
簿記の基礎 一般商品売買等 工業簿記の基礎
財務諸表の基礎 現金預金 材料費会計
財務諸表作成の基礎 債権債務 労務費会計
簿記一巡の基礎 有価証券 経費会計
取引と会計処理 固定資産 製造間接費
その他の債権・債務 引当金 部門別原価計算
手形 株式会社会計 個別原価計算
商品売買 外貨建取引 総合原価計算
現金預金 税金 その他の総合原価計算
その他の期中取引 決算 決算と財務諸表
期中取引におけるその他の諸論点 本支店会計 本社工場会計
決算手続Ⅰ(決算) 連結会計(資本連結) 標準原価計算
決算手続Ⅱ(決算整理後の手続) 連結会計(成果連結) 直接原価計算
決算手続Ⅲ(精算表) 連結財務諸表の基本 CVP分析
伝票会計 国際会計基準の考え方 ビジネスプラン
キャッシュ・フロー作成入門 キャッシュ・フロー計算 企業価値評価
事業計画作成入門 日本語勘定と英語勘定  
日本語勘定と英語勘定    

教材

海外ではなかなか入手しにくい簿記会計の教材ですが、東京CPA会計学院の体系的かつ復習のしやすいテキストと問題集を用意しました。

また、東京CPA会計学院校長高橋幸夫先生の実学教育論をまとめたバイブル「世界で戦うためのBOOKKEEPING & ACCOUNTING」と実際の業務に役立つ各種資料をシンガポール校が特別編纂しました。

以下の教材を皆様にお届けいたします。

BASIC COURSE

  • バイブル「世界で戦うためのBOOKKEEPING & ACCOUNTING」
  • 東京CPA会計学院編集 「日商簿記3級講座 テキスト」
  • 東京CPA会計学院編集 「日商簿記3級講座 個別計算問題集」
  • 日本語の勘定と英語の勘定の使い方チャート(シンガポール校特別編集)
  • キャッシュ・フロー作成入門1(シンガポール校特別編集)
  • 事業計画作成入門1(シンガポール校特別編集)
  • その他小テストなどの補助資料(シンガポール校特別編集)

ADVANCED COURSE 1

  • バイブル「世界で戦うためのBOOKKEEPING & ACCOUNTING」
  • 東京CPA会計学院編集 「日商簿記2級講座 商業簿記 テキスト」
  • 東京CPA会計学院編集 「日商簿記2級講座 商業簿記 個別計算問題集」
  • 日本語の勘定と英語の勘定の使い方チャート(シンガポール校特別編集)
  • 連結財務諸表の基本(シンガポール校特別編集)
  • 国際会計基準の考え方(シンガポール校特別編集)
  • キャッシュ・フロー作成入門2(シンガポール校特別編集)
  • その他小テストなどの補助資料(シンガポール校特別編集)

ADVANCED COURSE 2

  • バイブル「世界で戦うためのBOOKKEEPING & ACCOUNTING」
  • 東京CPA会計学院編集 「日商簿記2級講座 工業簿記 テキスト」
  • 東京CPA会計学院編集 「日商簿記2級講座 工業簿記 個別計算問題集」
  • 日本語の勘定と英語の勘定の使い方チャート(シンガポール校特別編集)
  • ビジネスプラン(シンガポール校特別編集)
  • 企業評価(シンガポール校特別編集)
  • その他小テストなどの補助資料(シンガポール校特別編集)
 

※シンガポール校特別編集資料については、バインダーを差し上げます

教科書と問題集

教室

東京CPA会計学院シンガポール校は、東京CPA会計学院の教育理念に従い、皆様が簿記会計の勉強に集中できる環境を提供いたします。

    場所:
  • Moores Rowland Solutions 会計事務所内
  • 6 Shenton Way #39-02 OUE Downtown1
  • (MRT:East West Line「Tanjong Pagar」駅下車徒歩6分)
教室の様子

講師

上中 淳行

東京CPA会計学院シンガポール校講師は、東京CPA会計学院の卒業生である上中淳行(UENAKA ATSUYUKI)が務めます。上中は大手監査法人の初代海外駐在員としてジャパンデスクを立ち上げた実績を持ち、また、自身が創業より経営参画した企業のCFOとして上場も経験しており、実践的な経営管理プロフェッショナルです。 略歴は以下のとおりです。

大学卒業直前(法学部)に東京CPA専門学校(東京CPA会計学院の前身)に入門。

簿記会計未経験から高橋幸夫先生の指導のもと17か月で公認会計士二次試験合格。

大手監査法人で10年間勤務(うち、4年間はオーストラリア・メルボルン)

日豪でホテルやゴルフ場などの不動産事業開発及び運営の実務に携わった後、金融情報会社の設立メンバーとなり、上場を果たす。

アジアパシフィックでの企業買収などを経て、2014年9月にシンガポールで国際会計事務所J-DESK PREMIUMを起業。2016年10月にMRI Moores Rowland会計事務所とプロフェッショナル業務で提携し、同社のDirector of Japanese Deskに就任。公認会計士・税理士(日本)

http://www.jdesk.sg/

授業の進め方

必ずしも予習の必要はありませんが、復習はしっかりする必要があります。講義では基本的な考え方を示したのちに例題等で具体的な処理をお伝えしますので、講義終了後に改めて整理して頂ければと思います。

また、日本で日本商工会議所の検定試験を受験するご希望の方は、個別計算問題を繰り返し復習することにより、自然に試験対策ができます。
ただし、受験対策として過去問題をご自身で演習することをおすすめします。

スケジュール

BASIC COURSEとADVANCED COURSEの2コースは個人別講義(プライベート学習)と企業様別の少人数講義(少人数グループ学習)のみを承っておりますので、随時開講しております。お気軽にお問合せください。

料金

お一人当たりの料金は教材費込みで下記のようになります。(GST込み)

BASIC COURSE(プライベート学習) 749.00ドル(標準時間10時間)
BASIC COURSE(グループ学習) 749.00ドル(全10時間)
ADVANCED COURSE1
(プライベート学習)
1048.60ドル(標準時間14時間)
ADVANCED COURSE1
(グループ学習)
1048.60ドル(全14時間)
ADVANCED COURSE2
(プライベート学習)
898.80ドル(標準時間12時間)
ADVANCED COURSE2
(グループ学習)
898.80ドル(全12時間)

※教材費を含みます。

※プライベート学習は標準時間内に当校のテキストのマスターを集中的に行い、特別編集資料の学習は個人の進捗度合いにより標準時間内に講義できない場合があります。追加講義をご希望の場合は別途ご相談ください。

※グループ学習の場合、参加人数3名様に限り、ご自身のペースでの個別学習移行へご希望される場合は、残りの時間につき追加受講料なしにプライベートコース(標準時間)へ移行できます。なお、グループ学習は10名様未満の受講者で企業様のみ承ります。

※グループ学習の参加人数4名様以上の場合は、参加人数により上記1名様当りの金額を一定額値引きいたします。ただし、プライベートコースに移行される場合は追加料金を申し受けいたします。

※欠席された場合の無料の補講はありません。

※会社等での開催をご希望の場合、講師の交通費や教材運搬費等の実費精算をお願いいたします。

※お申込み後、請求書をお送りいたします。教材配賦前に一括でお支払いください。コース開始後の返金はお受けいたしません。

なお、お支払先は運営責任主体のMRI Moores Rowlandとなります。

申込方法

申込み希望の方は下記アドレスにご連絡ください。申込用紙をお送りいたします。PDFでのメール添付による送信でご返送ください。<

入学手続きに関してのお客様との交信は原則電子メールでお願いいたします。

お問い合わせ先
メールinfo@jdesk.sg
電話+65 8722 1933

無料公開ガイダンス・体験講座(予約制)

各コースの内容については、無料公開ガイダンス・体験講座を随時行っております。
参加ご希望の方は、下記までお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

お問い合わせ先 運営責任主体 MRI Moores Rowland
担当者 上中 淳行 (UENAKA ATSUYUKI)
メールアドレス info@jdesk.sg
電話+65 8722 1933